予防歯科・歯のクリーニング

「世界基準」のスウェーデン式予防歯科で生涯の健康を

「世界基準」のスウェーデン式予防歯科で生涯の健康を

現在は歯科先進国のひとつに挙げられるスウェーデンですが、かつては日本よりも虫歯の子どもが多い国だったことをご存じでしょうか?スウェーデンでは50年ほど前 、口腔内の状況が悪いと将来的に全身的な病気にかかり、結果的に医療費の高騰を引き起こすことが問題視され、国会で討論されました。そして、国を挙げて「う蝕(虫歯)根絶」の取り組みをスタートさせました。それが功を奏し、今では虫歯や歯周病ゼロを目指す「予防大国」へと変貌を遂げたのです。

スウェーデン式予防歯科を取り入れている歯医者「三好歯科 自由が丘」で歯の健康維持に取り組み、生涯にわたってお口のトラブルを未然に防ぎましょう。

世界基準の予防システム、スウェーデン式予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病を未然に防ぐために日常の歯のクリーニングやケアを重視する考え方のことです。日本でも近年、予防歯科という言葉は広まりつつありますが、歯科医院へは『何かあったら行く』『見た目に支障が出たら行く』『痛くなったら行く』という考えが残念ながら日本では多いのが実情です。
スウェーデンの大半の国民は『痛くならないように歯科医院へ日頃からクリーニング通う』『何かあってからでは費用も時間もかかるので天然歯をしっかり歯のクリーニングやケアをしておく』という考え方です。おそらく誰が聞いてもそれが一番だと思えるものではないでしょうか。

世界基準の予防システム、スウェーデン式予防歯科とは

日本でも、実は多くの人が心のどこかでは理解をしている考え方でもあります。
しかし、実際に行動となるとなかなかできない方がほとんどで、未だ日本の歯科に対する考え方や歯科医院との向き合い方は昔とあまり変わりがありません。
「スウェーデン式」と名前がついてはおりますが、国民的な考え方や患者様自身の行動について歯科先進国であるスウェーデンの予防歯科の考え方を取り入れるものです。
「三好歯科自由が丘」では、まずはこの一番大切な予防歯科に対する考え方や行動(悪くなくても歯のクリーニングに歯医者に通う・日常のケアをしっかり行う)を身に付けていただくところからスタートします。

スウェーデン式予防歯科の基本的処置は、毎日のセルフケアと定期的なプロフェッショナルケアです。このプロフェッショナルケアの中には、歯のクリーニング「PMTC」も含まれています。

日本で行われているPMTCは超音波を口腔内全体に当てることで歯全体の歯石除去を行うという方法が主流となっていますが、超音波を当てると歯の表面が傷つく場合があるため、本来は「歯列全体に当てる必要はない」といわれています。
歯面だけではなく、被せものや詰め物、インプラントなどに傷がついてしまうとそこに細菌がたまり、歯周病の引き金になるケースもあります。
たくさん歯石が付いている方でも、付きやすい場所や付きにくい場所がありますので全ての歯面に均等に超音波器具を当てる必要性は全くありません。
これに対し、スウェーデン式予防歯科の中の1つであるGBTコンセプトでは、超音波を歯全体に当てるのではなく、細かい粒を用いたエアフローで歯をクリーニングすることで、不要なダメージを与えることなく歯をきれいにします。

世界基準の予防システム、スウェーデン式予防歯科とは

従来のPMTCでも、「歯の表面に傷がついてもツルツルに磨けば問題ない」と思う方がいるかもしれません。しかし、ツルツルに磨く(研磨をする)ということは、でこぼこした歯の表面を薄く削り平らにするということです。健康な歯を生涯にわたって維持するためには、この「削る」という行為は極力減らすほうが良いのです。

スウェーデン式予防歯科の考え方を採用している三好歯科 自由が丘では、スウェーデンで多く採用されているEMS社製のエアフローマシンを用いて歯のクリーニングを行っています。吹きつける粉は従来の粒子の5分の1くらいの細かさで、歯周ポケットに入ってもほとんど痛みがありません。どうしても必要なところ、歯石を落とすところだけ超音波を当てるので、歯質へのダメージも最小限にとどめられるのが特徴です。
また既にお口の中に入っている被せ物や詰め物、インプラントなどへのダメージも最小限にすることができます。
「三好歯科自由が丘」ではこのGBTコンセプトに基づいた、歯へのダメージが非常に少ない歯のクリーニング方法を用いて、スウェーデン式予防歯科を推進してまいります。

加えて当院の定期検診では、担当歯科衛生士がお口の中をチェックして汚れの付着度合いを確認し、汚れをしっかり落とせるブラッシングの仕方やフロスの使い方を丁寧にアドバイスさせていただきます。また、患者様のお口の状態を管理するソフトを活用し、分かりやすくご説明しています。

当院の予防歯科・歯のクリーニングメニュー

エアフロー

エアフロー

パウダー状の細かい粒子を強力なジェット水流で歯面に吹きつけ、表面の汚れを落とす器具です。歯面のバイオフィルムや色素沈着を、炭酸水素ナトリウム(重曹)やグリシンなどの粒子を水に溶かし、強い圧力をかけて除去します。
また、水温を調節できるため、知覚過敏の方や従来の超音波処置が苦手な方の不快感を限りなく減らすことが可能です。頑固な歯の着色を落とす効果ばかりが注目を受ける機器ですが、当院では歯へのダメージが少なく、病気の元となる細菌を効率よく落とせるため、予防歯科・歯のクリーニングにおいて用いています。
エアフローは粉と水を同時に吹きかける道具として歯科では昔から用いられております。
従来の粉の成分は炭酸水素ナトリウム(重曹)で、主に頑固な着色(ステイン)を落とす目的で利用されてきましたが、粒子が大きいため、歯肉や唇など、軟組織に当てると傷つき出血をしてしまうことが難点でした。
当院がメインで用いる粉はエリスリトールと言われる糖アルコールの一種を主成分としており、キシリトールよりも更にう蝕(虫歯)を抑制する効果が高いものです。
粒子の大きさも従来のものに比べて3分の1程度と非常に細かいので、軟組織に当てても傷つかず、痛くもないため様々な角度から粉と液を噴射し、バイオフィルムと言われる細菌の塊を効率よく除去します。
もちろん着色も落ちますが、あまりに頑固な着色は従来の重曹を主成分とした粉もご用意しておりますのでご安心ください。
また歯のクリーニング時に粉が口腔内に残ったとしても、全て水溶性の粉を用いておりますので全く問題ありません。
溶けるまでエリスリトールの虫歯抑制効果が持続しますので、細菌が停滞しづらい状態が続きます。

定期検診

定期検診

お口の環境は日々変化します。3~4ヶ月に1回程度の定期検診を受けていただければ、仮に虫歯や歯周病を発症していたとしても早期発見が可能です。早期発見ができれば、負担の少ない処置や比較的かんたんな治療(早期治療)で済みます。

また、非常に初期のう蝕(虫歯)に関しては、注意しながらブラッシングや経過観察を行うことで一生削ることなく健康な歯を保てる可能性もあります。

ブラッシング指導

ブラッシング指導

虫歯や歯周病の予防や治療の基本は毎日のブラッシングです。自己流ではお口のすみずみまできれいにするのは難しいので、プロの目でお口の中をチェックし、歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどの清掃補助器具を含めて正しい動かし方、使用方法などをアドバイスします。

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を歯面に塗布すると歯質の強化につながり、虫歯菌への抵抗力が高まります。とくに、まだやわらかい生えたばかりの乳歯や永久歯の虫歯予防に有効です。当院では、定期的なフッ素塗布をおすすめしています。
※18歳以上の方のフッ素塗布は保険適用外となります

当院が目指す歯科医療

当院が目指す歯科医療

「不要な歯科治療をゼロにする診療」をポリシーに掲げる当院では、世界基準の治療をご提供するとともに、治療をしなくて済む状態を維持するための「予防歯科」に力を入れています。そこで欠かせないのは、一人でも多くの皆様の歯科知識の向上をはかり、歯医者での歯のクリーニングをはじめ正しい口腔ケアで虫歯や歯周病を未然に防ぐという意識に変えていくこと。院長と副院長、そしてスタッフ一丸となって患者様に寄り添い、コミュニケーションを通して歯科知識を高めるための情報をお伝えしていきます。

予防歯科に関しては、スウェーデンでの成功例があります。国民一人ひとりの意識を改革し、習慣を変えることができれば、私たちも虫歯や歯周病ゼロを実現できるはずです。「三好歯科 自由が丘」で私たちと一緒に、虫歯ゼロ・歯周病ゼロ・不要な歯科治療ゼロを目指していきましょう。

加えて当院の定期検診では、担当歯科衛生士がお口の中をチェックして汚れの付着度合いを確認し、汚れを落とせるようなブラッシングの仕方やフロスの使い方を丁寧にアドバイスさせていただきます。また、患者様のお口の状態を管理するソフトを活用し、分かりやすくご説明しています。