料金表

料金表

補綴関係

※全て税別

インレーオールセラミック1歯50,000~
ジルコニア1歯60,000~
クラウンオールセラミック1歯100,000~
オールジルコニア1歯100,000~
ジルコニアセラミック1歯150,000~
インレー
オールセラミック1歯50,000~
ジルコニア1歯60,000~
クラウン
オールセラミック1歯100,000~
オールジルコニア1歯100,000~
ジルコニアセラミック1歯150,000~

ホワイトニング

オフィスホワイトニング
(チケット制)
院内で行うホワイトニング(チケット制)1回20,000
3回55,000
5回86,000
ホームホワイトニングトレージェル2本30,000
追加ジェル2本3,000
オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニング(チケット制)1回20,000
3回55,000
5回86,000
ホームホワイトニング
トレージェル2本30,000
追加ジェル2本3,000

インプラント

診断料診査・診断・カウンセリング1回10,000
手術費1次OPE(フィクスチャー)3回200,000~
上部構造セラミックの人工歯1本150,000~
GBR(骨造成)歯を支える顎の骨を再生させる治療1本30,000~
ソケットリフト足りない顎の骨を補うための治療
「小~中」程度の症例
1本50,000~
サイナスリフト足りない顎の骨を補うための治療
「中~大」程度の症例
1本150,000~
備考スタンダードな症例の場合、インプラント一本あたりの価格は
10,000+200,000+150,000 計360,000+taxとなります。
診断料
診査・診断・カウンセリング1回10,000
手術費
1次OPE(フィクスチャー)3回200,000
上部構造
上部構造(人工歯)1本150,000
GBR(骨造成)
歯を支える顎の骨を再生させる治療1本30,000~
ソケットリフト
足りない顎の骨を補うための治療
「小~中」程度の症例
1本50,000
サイナスリフト
足りない顎の骨を補うための治療
「中~大」程度の症例
1本150,000
備考
スタンダードな症例の場合、インプラント一本あたりの価格は
10,000+200,000+150,000 計360,000+taxとなります。

根管治療

診断料診査・診断・カウンセリング1回5,000~
抜髄処置前歯1歯60,000~
小臼歯1歯70,000~
大臼歯1歯85,000~
再根管治療前歯1歯70,000~
小臼歯1歯85,000~
大臼歯1歯100,000~
診断料
診査・診断・カウンセリング1回5,000~
抜髄処置
前歯1歯60,000
小臼歯1歯70,000
大臼歯1歯85,000
再根管治療
前歯1歯70,000
小臼歯1歯85,000
大臼歯1歯100,000

予防・メンテナンス

GBTコンセプトによる
パウダークリー 1回(60分)
ニング(エアフロー)
ヨーロッパ歯周病学会の提唱に基づいた
予防効果の高いクリーニングプログラム
1回(60分)12,000
備考1~3ヶ月1回のペースでお受けいただくことを推奨しております。
GBTコンセプトによる
パウダークリー 1回(60分)
ニング(エアフロー)
ヨーロッパ歯周病学会の提唱に基づいた
予防効果の高いクリーニングプログラム
1回(60分)12,000
備考
1~3ヶ月1回のペースでお受けいただくこと
を推奨しております。

矯正

相談料(所要時間:45分)3,000
成人矯正(頬側装置)600,000~
成人矯正(舌側装置)900,000~
小児矯正300,000~
マウスピース矯正800,000~
相談料
3,000
成人矯正(頬側装置)
600,000~
成人矯正(舌側装置)
900,000~
小児矯正
300,000~
マウスピース矯正
800,000~

素材表

素材表

※左右にスクロールできます

素材の種類素材の画像費用審美性変色強度歯を削る量再感染のリスク型取りの方法と精度
保険適用の金属 ×金属色金属特有の黒ずみ金属のためほぼ割れない少ない。金属自体に厚みは必要ないため劣化しやすい材料のため従来の歯型をとる材料のみ従来の歯型の変形や一度模型にする作業により精度が下がる
オールセラミック ×透明感のある自然な歯の色が可能入れたままの色が続く力が強いと割れる可能性有オールセラミックの強度を出すため金属よりは多めに削る必要があるほぼ劣化しないため3Dスキャン(光学印象)or特殊な歯型材料データでのやりとりになるため誤差が少ない
オールジルコニア ×白いが透明感が少なめ入れたままの色が続くセラミックに比べかなり高強度○少ジルコニアは強度があるため厚みがそこまで必要ないほぼ劣化しないため3Dスキャン(光学印象)or特殊な歯型材料データでのやりとりになるため誤差が少ない
ジルコニアセラミック ×透明感のある自然な歯の色が可能入れたままの色が続くセラミックに比べかなり高強度○少少ない。ジルコニアは強度があるため厚みがそこまで必要ないほぼ劣化しないため3Dスキャン(光学印象)or特殊な歯型材料データでのやりとりになるため誤差が少ない
ハイブリットセラミック(当院では基本非推奨) やや高白いが透明感が少なめ1~2年すると着色が起こるオールセラミックより割れやすい×多い。最も強度がないためその分厚みを確保する必要がある劣化する素材のため3Dスキャン(光学印象)or特殊な歯型材料データでのやりとりになるため誤差が少ない