小児歯科・マタニティ歯科診療

子どものころからの予防習慣が、生涯の歯の健康につながります

子どものころからの予防習慣が、生涯の歯の健康につながります

「乳歯はそのうち生え替わるから……」と、お子様の口腔ケアを怠ったりう蝕(虫歯)を放置したりしていませんか? 乳歯のう蝕は、「う蝕(虫歯)を引き起こす細菌が多い口腔内環境」を作ってしまうので、これから生えてくる永久歯にも悪影響があります。そうならないよう、正しい治療を行うと同時に、幼いころから口腔ケアの習慣を身につけさせてあげることが大切です。

妊娠前・妊娠中の方もサポートしています

妊娠中のお母様の口腔内の状況もお子様に大きく影響するといわれています。
妊娠中の歯周病により、早産や低体重児出産のリスクが上がる可能性や、生まれた赤ちゃんが虫歯ができやすい口腔内環境になってしまう原因が、お母様の口腔内の細菌による感染であることは広く知られています。こういったことから妊娠前、妊娠中のケアが大切なのです。
特に妊娠中は、ホルモンバランスの崩れや通常と違うホルモンの分泌があります。そのホルモンを栄養源に増殖する歯周病細菌も存在するため、「妊娠性歯周炎」という特殊な歯周病が発生しやすくなります。

また、妊娠中は体調により日頃のセルフケアが疎かになりやすく、口腔内の状況が悪化しがちです。そして治療に際しても、治療中の貧血や気分の悪化、薬や麻酔薬のリスクなど、いくつもの懸念点があります。そのため妊娠する前にしっかり処置を行っていただくのが理想ですが、運悪く妊娠中にお口のトラブルに見舞われた場合はさまざまなリスクを最小限に抑えながら治療を行っていきましょう。

自由が丘駅から徒歩1分の歯医者「三好歯科 自由が丘」では、予防中心の小児歯科メニュー・妊娠中のお母様の予防歯科メニューをご提供し、お子様・お母様のお口の健康をサポートしています。

妊娠前から、そしてお子様が生まれててからも、ご家族でトラブルのないお口の環境を整え、不要な歯科治療を行わなくて済むよう、「三好歯科 自由ヶ丘」では予防を重視した歯科医療をご提供しております。
どのようなお悩みでもまずは一度ご相談ください。

子どものころから予防習慣をつけましょう

  • 子どものころから予防習慣をつけましょう
  • 子どものころから予防習慣をつけましょう

子どもは、自分ひとりでは健康管理ができません。お子様の健康を守ることができるのはご家族だけです。特にう蝕(虫歯)にかかるかどうかは、ご家族の口腔ケアの意識やデンタルIQが非常に大きく影響します。子どものう蝕の原因は、親御様の口腔内環境や意識、そして生活習慣に潜んでいるのです。う蝕は生活習慣病のため、う蝕が多い子どもの家庭環境には生活習慣の面で問題があることが多いともいわれています。

乳歯はやがて抜け、永久歯に生え替わりますが、口腔内環境は乳歯のときに完成されるといわれています。口腔内がう蝕になりやすい環境になってしまうと、永久歯になってもその状態は変わりません。見方を変えれば、子どものころから口腔ケアの習慣を身につけていれば生涯を通してお口のトラブルを予防しやすくなるということです。

小児歯科メニュー

ブラッシング指導(TBI)

ブラッシング指導(TBI)

歯の健康を守るための基本はブラッシングです。幼いころから自分で歯をみがく習慣をつければ、年齢を重ねても歯の健康を維持できる可能性が高くなります。小児歯科ではお子様のお口の状態や成長に合わせて、ブラッシング指導(TBI)を行います。お子様の場合はなかなか一人でお口の汚れを落とすことができないので、ご家族の協力が欠かせません。お子様のお口の中をチェックして、1日1回はじっくり仕上げのブラッシング(仕上げ磨き)をしてあげてください。

フッ素塗布

フッ素塗布

歯面にフッ素を塗布すると、虫歯菌が出す「酸」への抵抗力が高まります。特に乳歯は抵抗力が低いので、生えたてのころから定期的にフッ素塗布することが虫歯の予防に有効です。フッ素は、完全に成熟していない若い永久歯(幼若永久歯)や乳歯に対して特に効果があります。

シーラント

シーラント

奥歯の噛み合う面にある溝は深く複雑な形状をしていて汚れがたまりやすく、歯ブラシも届きにくいので虫歯になる確率が高い部位です。そこであらかじめレジン(歯科用プラスチック)で溝をふさぎ、汚れが入らないようにすることをシーラントといいます。

歯並びや噛み合わせの改善も大切です

歯並びや噛み合わせの改善も大切です

子どもは成長過程にあり、将来的に歯並びや噛み合わせを整えるために大切な時期です。成長のバランスを整え、永久歯がきれいに並ぶ顎の大きさを確保できれば、きれいな歯並びやバランスのよい噛み合わせを手に入れられます。

当院では頭部と顎、歯並びのバランスをチェックするための顔面・頭部のX線撮影である「セファロ撮影」が可能です。小児歯科で予防中心のメニューをご提供する観点からも、歯並びや噛み合わせが気になるときは必要に応じて、矯正専門の歯科医師と連携しながら治療のご案内をさせていただきます。

妊娠前・妊娠中の方のためのマタニティ歯科診療

妊娠すると身体にはさまざまな変化が現れます。ホルモンバランスや体調の変化により口腔内の環境が悪化し、う蝕(虫歯)や歯周病にかかりやすくなるのです。歯や歯肉に痛みがでてしまうと、しっかり咀嚼して食べることが難しくなったり、日常の歯磨きがしづらくなり、栄養不足と口腔内の細菌増加の悪循環がおこり、本人だけでなくお腹の赤ちゃんにも影響を与えかねません。

妊娠前・妊娠中の方のためのマタニティ歯科診療

また、つわりなどの体調悪化により、日頃のブラッシングの質も下がりやすくなります。お母様の口腔内環境はお子様にも影響を及ぼすといわれており、とくに歯周病には注意が必要です。妊婦の方が歯周病を悪化させると、子宮の筋肉に作用して早産や低体重児出産を招くリスクが約5倍も 高まってしまうという報告もあります。

妊娠を予定している方は、まずお口の健康のために歯科検診を受けることをおすすめします。そしてう蝕や歯周病が見つかったときは、しっかり治療しましょう。自覚症状がなくても、妊娠安定期には歯科検診をお受けください。一番大切なのは、すぐに行動することです。できれば妊娠前にお口のトラブルをすべて解決しておくこと、日頃から検診を受けておくことが重要ですが、妊娠中でも何か異変や不安を感じた方は、遠慮なく当院へご相談ください。